トップ / レンタルオフィスを活用

オフィス内で対策情報

仕切りなしのオープンオフィス 

最近、オフィスや会議室の仕切りをなくしてオープンにしたり、フロアの中に雑談できるようなスペースを設けるなどしている会社があります。異なる部署・部門の人との交流や会話の中から新しいアイデアが生まれたり、雑談の中にそのヒントがあったりするからということが理由です。たしかにクリエイティブな発想は締め切った会議室では生み出しにくい感じがします。同じような環境では同じような発想しか生まれないとも考えられます。オープンなスペースから、新しい発想が開けていく、新しいオフィスの形といえるかもしれないですね。

オフィスを快適さを重視 

オフィスの快適さは業務のスムーズさに直結する重要なポイントです。多くの人は同じ席にほぼ一日中座って仕事をしています。そのため、ストレスをためてしまったり、慢性的な体の異常を発してしまうということも少なくはありません。そのため、仕事をするときも合間で軽い運動などをすることができる環境があると、長時間でも集中できるようになります。さらには、オフィスの中で数少ない休憩のためのスペースに関しても工夫をすることによって、仕事の効率を上げることが可能となります。休憩室や、飲み物を飲めるスペースがくつろげるといいです。