トップ / オフィスでの制服と私服

オフィス内で対策情報

私服で通る仕事やオフィス 

銀行の窓口や民間企業のオフィスに行くと、制服を着た女子職員が、いそいそと働いている様子が見られます。ところがだいぶ前から、一部の銀行では、一定の日だけ彼女らも私服で仕事をすることを決める所も出て来ました。こうした習慣の是非はともかく、外国では、こうした光景は普通のようです。ビジネスマンが、オフィスで自分の手持ちの背広を着るのが普通であることを考えると、女性だけが制服を着ることに抵抗を覚える人が出てきてもおかしくありません。ただ顧客の立場から見ると、女子職員が制服を着ていると、なんとなく安心するのではないでしょうか。というのは女性の服は男性の服に比べて、色や形が様々で、多少派手な服装をされると気が散ってしまうのが事実だからです。

私服で創造性を高めよう 

オフィスでの業務には、スーツや制服の着用が義務付けられている企業が多い様ですが、デザインや建築等の創造性を要求される職種に於いては、オフィスでの私服着用により、創造性を高め、イメージを膨らませる効果を期待出来る様です。新たな創造は個性に関係する事にもなりますので、全員が同じスーツや制服を着用して個性を排除する事は避けて、個性を活かした私服を着用する事により、個性を内からも外からも最大限引出して、個性を活かした創造、イメージを促進させる事により、他者とは異なる個性的で斬新で独創的な成果物を生み出す事が出来るのです。

部品